尿酸値を下げる市販薬 副作用について

尿酸は、プリン体という細胞の核酸等を形成する物質が体内で分解される過程で生成される物質で、通常は一定量が体内に蓄積されており、余分な量が尿や汗に溶けて排泄されています。何かの要因で、尿酸が生成される量が多くなる、あるいは排泄される量が減って、体内で蓄積される尿酸の量が多くなることを尿酸値が高くなるといいます。尿酸値とは、血中の尿酸の濃度を表す指数で、7.0r/dlを超えた状態を「高尿酸血症」といい、痛風を代表とした様々な病気の原因になるため、尿酸値を下げる治療が必要となります。

 

尿酸値を下げる市販薬について

尿酸値を下げるためには、尿酸の排泄量を増やすか、生成を抑えることが、必要になります。前者の効能を持つ薬を尿酸排泄促進薬といい、ベンズブロマノン、プロベネシド、ブコロームなどがその代表格です。後者の効能を持つ薬は尿酸合成阻害薬といい、フェブキソスタット(商品名フェブリックなど)、アロプリノール(商品名ザイロリックなど)が有名です。

 

しかしながら、これらの薬は、医師による処方箋が必要な処方薬であり、市販薬ではありません。特に尿酸排泄促進薬は重篤な副作用もあることや、急激に尿酸値を下げることが却って痛風発作の原因になることからも、医師の指導による投薬が必要なためです。

 

どうしても処方箋無しで購入したい場合には、海外個人輸入という方法もあり、代行業者なども存在していますが、投薬量や投薬期間を、素人が判断するのは危険であり、お勧めできるものではありません。

 

それよりも、薬のように劇的な効果はありませんが、長期間の飲用により一定の効果があり、副作用の心配がないとされるサプリメントを試してみるのも良いでしょう。アンセリンや田七人参、DHAやEPAが、
尿酸値を下げる効能があるといわれています。

 

副作用について

尿酸排泄促進薬は、尿の中の尿酸の排泄を促進させるものですので、どうしても腎臓や尿路などに負担がかかるため、腎機能障害、腎不全、尿路結石などの副作用のおそれがあるものが多くなります。その他にも、ベンズブロマノンは肝障害、プロベネシドは溶血性貧血やネフローゼ症候群、ブコロームは皮膚粘膜眼症候群や食欲不振などの副作用が知られています。

 

尿酸合成阻害薬であるフェブキソスタットやアロプリノールは、比較的副作用が少ないといわれ、投薬もこちらが中心となっています。しかし発疹や皮膚粘膜障害、下痢や腹痛、食欲不振や倦怠感などの副作用のおそれがあるとされています。また白血病の薬や、喘息、エイズの薬などの効能を阻害することもあるので、注意が必要です。

 

これらの薬は、勝手に投薬をやめたり始めたり、量を変更したりせず、医師の指示に従い正しく服用することが副作用の懸念に対処する方法です。

 

まとめ

尿酸値は、7.0r/dlを超えると「高尿酸血症」といい下げる治療が必要となります。
尿酸値を下げる薬は、医師の処方箋が必要であり市販薬はありません。
サプリメントは薬ほど劇的な効果はありませんが、副作用もありません。
薬の副作用に対処するためには、医師の指示に従い正しく服用することが必要です。